容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

2009年1月30日

  1. 2009/02/02(月) 04:40:14|
  2. 留学@Australia|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
1月30日

予算の関係でいきたかったwhite hevens beach, frazer islandにはいけなかったが、south stradbroke islandにいってきた。
リゾートとはどんなものかを感じてみたかったというのもあるし。

south stradbroke island

正直期待していたビーチで泳げなかったのは残念ではあるが、島の反対側にある延々と続くビーチ、その先にかすんで見えるゴールドコーストの建物は幻想的で見れてよかった。


リゾート地では時間を忘れてのんびりする。

それがリゾート地での過ごし方だと今回を通して実感した。
と同時にここであったrich man?たちのようにたまにはリゾート地でのんびりできるくらいお金持ちになりたいとも思った笑 稼がなかん。


にしてもゴールドコーストではケアンズ以上に建物がバンバン建っているのが目に付く。
世界金融危機といわれている中でもゴールドゴーストはその影響を感じさせない。クラブやパーティーに行く若者もよく見る。
そして円高豪安のせいだろう、日本人の観光客、特にブランド品を買っていく若いカップルを結構見かけた。あとは年配の方のツアー客も結構目立ってた。

ゴールドコースト不動産会社の社長ブログをみたところ、政府の不動産関連の補助金増大、金利政策の緩和、円高などがプラス材料。ただそれでも実際購入にいたるかといったら?不動産は簡単な買い物ではないから、不況とあって購入者も(余計に)簡単に購入にいたらいのでは。不動産を購入してからのこともあるし。
とかく書いてみたものの不動産業界のことはよくわかりませぬ笑



と今日はとても残念というか、同時に自分に対する腹立たしさと無力感を感じることがあった。
それはこの日といえばわかる人もいるかもしれない。

惜しかったといえば惜しかったのだが、結果は事実。
正直自分ではいけると思っていたがあかんかった。
留学最後に、その結果を形に残したかったが、そうはいかんかった。
本当に悔しい。
泣きたくても、たぶん自分があほすぎて泣くに泣けん。
どうしょうもなくやりきれない気持ちで自分の才能の無さを悔やんだ。

挫折。

中学2年間、同学年市内で負けなしできて3年目にして始めて味わった敗北。
もらった賞状も右下のところは握りこぶしでシワがついた。
ぐしゃぐしゃに丸めて破ってやろうとも思った。
あの時は控えに戻るなり声を荒げ泣いた。

高校時にレギュラー落ちして、当時部内の誰よりも練習した自信はあるのにその結果が出なかった。自分に対する怒りと情けなさ。
じいちゃんにもう練習せんほうが逆にいいとも言われたが、それに異様に反発したくて、できない自分を認めたくなくてやりつづけた。
自分は頑固だとそのとき思った。


結果ではなくて、プロセスが大事だと人は言うけれどそんなの第三者的な励ましの言葉でしかない。挫折感を味わっている本人にとっては正直慰めにはならないと、挫折を味わうときにいつも思ってた。


だが事実を受け入れなければ次には進めないのも事実であると思う。
やけくそになってほっぽり出すこともできる。
でも何がだめで、どうしたらいいのかも考えることもできる。

たまには感情的になってもいい。
でもそのあとどうするかはいつも自分しだい。


とこんなことを思った2009年1月30日。

<<  宿なしを通じてドラクエを想う  |  ホーム  |  再会、Laminton NP、そして野宿  >>

コメント



ドンマイ!!

結果は・・・
でも私はとくと見たぞナ、君がどれだけ頑張ったか。
  1. 2009/02/02(月) 20:59:56 |
  2. URL |
  3. miho #-
  4. [ 編集]

miho

はい。

精進しますw
  1. 2009/02/03(火) 08:31:55 |
  2. URL |
  3. kz #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する