容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

google TV ads

  1. 2009/02/23(月) 18:43:00|
  2. 日常|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

グーグルのテレビ広告事業、苦戦は続く
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20090220/186802/

google TV adsはどうなるでしょうか?
要は、記事にも書かれていたが、消費者に多くの影響力を与えるには広告を流す放送事業者規模が重要になってくるかと思う。
となるとやはり、広告主は大企業であって、テレビCMはやはり高いんですね。

とredio iでアカデミー賞の外国語映画賞で日本映画の『おくりびと』(滝田洋二郎監督)が受賞したと流れてまいりました。

そこでの上記とはまったく関係ない内容を目盛ったので以下参照。

・アカデミー賞授賞式に流れる30秒CMに対する宣伝費の削減。
 昨年1億6000万→1億3000万、GMはCMから撤退。フランスのロレアルも撤退。

・宣伝費用(キャンペーン費)が削られている。2000年の映画グラディエーターは18億円、ベンジャミンバトン9億円、その制作費は150億円。

アカデミー賞8部門受賞のスラムドットミリオネアーの制作費は15億円。

お金をかけなくてもいい作品ができる。

金融危機の中、広告にかける費用はおさえられているようです。

<<  失楽園、愛流刑、鈍感力の作者の渡辺淳一が・・・  |  ホーム  |  東京と本質  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する