容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

昨日という日〜careerとclub〜

  1. 2008/07/27(日) 12:54:44|
  2. 留学@Australia|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

午前中は今解決しなければいけない問題などを洗い出したり、
インターネットをしたりして引きこもっておりました^^


そしてflatmateとcareerについてちょっと話した。
というのも彼の知り合いが部屋に来て、不満をSpanish&Englishで言ってたのがきっかけだ。

careerと一言で言っても色んなとらえ方がある。
一般的には仕事のキャリア。
しかし、仕事にだけfocusしたcareerだけではない。
もっと広く人生という側面からでもcareerはとらえることができる。
例えば趣味だったり、人間関係だったり。

まぁ話していたのは主に仕事にfocusしたcareerの話だったが。


flatmate曰く、自分のcareerを考える際には、
仕事のindusutrial section,要はmarketの大きさが重要だという。

marketがでかければそれだけ昇進のチャンスもあるし、なにより世界各国に職業の需要がある。

それにcareerを考える上で、specificなjob(専門的職業)というのは資格として持っている分ニーズがあればすぐにその専門性を生かして仕事ができる長所を持つ反面、どうしてもその仕事のみにfocusせざるを得ない。(別に専門的職業を悪く言っているのではない)

結局はその人が自分の仕事を好きならそれでいいのだが、少なくとも働く上では不満というのが出てくる。
給料、プレッシャー、時間、人付き合いなど。
それらとうまく付き合っていかないといけない。

だが、そうした不満はmarketの大きさと無関係ではない(もちろん個人差にもよるが)


また以前にも仕事をするうえでどんな能力が大切であるのかという話もした。

彼は「management skill」だと指摘した。

ぼくは社会は仕事を与える人と与えられる人で成り立っていると思う。

仕事を与える人はmanagement skillが、与えられる人より高い。
だからmanagement skillがある人はしかるべき人に仕事を与えておいて、自分はその間クラブにいったり人生をエンジョイできる。

これは先ほど言った不満の話しにもつながると思う。
(ロバートキヨサキの金持ち父さん、貧乏父さんでもそんなことをいっていた気がする)


結局のところ、careerを考える上で一番大切なのは自分自身。
自分が人生をエンジョイできていればよい。
だが、careerを広義的にとらえることも忘れてはいけないと思う。


とcareerについていろいろ考えさせられました。



そしてその後は2つのpartyに行った。

1つは友達が帰国するとのことで。
city2surfのmemberだったのだが、事情もあり帰らないといけない。
寂しくはあるが、彼の分もやりきると誓う。

そして2つ目も友達がflatを出て行くのでfarewellparty.

初めてkingcrossのクラブに行った。

http://www.theworldbar.com.au/

すげー人で、すげーおもしろかった^^
入るまでに計1時間くらいかかったが笑



そして外人と会話できる裏技も発見した。
これについてはまた書こう!
(ほぼ100%の確立で外人に声かけられます笑)

とこんな昨日。

<<  GasforFREE  |  ホーム  |  ここ二日間。  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する