容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

ユニクロの本

  1. 2009/03/23(月) 09:26:48|
  2. 日常|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

3連休でちょっとゆっくりしたのでまた今日から気合入れなおそうかと思います。メリハリ大事よね笑

さて、最近いいなと思った本を半ば衝動的に買ってしまうため消化不良をおこしております。1冊1冊読んでこうと思います−−


「一勝九敗」



980円ジーンズやらレディースショップやらなにかと注目されるユニクロだが、その経営者柳井氏が書いた著書を読んでみた。

ユニクロの歴史、柳井氏の経営観を知る上では非常によい一冊。
やはり経営をやるとなると即断即行(成長期)、そして使命感が必要。でないと人はついてこない。

読んでて面白かったのはユニクロの広告戦略。

「広告は視聴者に到達してこそ広告であり、中途半端なものは埋没し絶対に到達しない」
以下本書抜粋

日米のクリエイターの違いとかも書かれていた。
ユニクロの広告だけで一冊本がかけそうな感じがするけど笑
いや、むしろそっちのが読みたい。


今日は卒業式。

松坂が先頭バッターにHRを浴びた。

波乱万丈な予感だ。

最近感動したこと。G戦場ヘヴンズドアと企業文化というものの考え方

  1. 2009/03/18(水) 23:14:35|
  2. 日常|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

いくべきか、いかないべきか。
やるべきか、やらないべきか。

日常の中でも小さな判断だけども選択を迫られる場面があると思います。
それを判断することによって自分にとってどんなメリットがあるのかと考える自分もいれば、感情論に任せてしまう自分もいます。

人によって当然判断は異なるでしょうが、自分の場合は迷ったときは大概いく。やる。ことのほうが多いのかなと思います。それはそのことを通じて自分の肥やしになるから。経験になるから。

肥やしや経験が判断力を高め、さらに質の高い判断を下せるからだと思います。

というか比較的好奇心旺盛な方なので必然的になんにでもやってみようかという性格的な面もありますが。

やはりなんにでも嗅覚を研ぎ澄ませられる人間になりたいです。

ふと自分の前世はなんだったのだろうか?という疑問が湧きましたがあえてスルーします。
面接で聞かれたら困りますが笑


と。今日は日頃お世話になっている学生団体レセオの3年生のメンバーと現役メンバー2人に会ってきました。現役メンバーの一人と後でカフェでいろいろ話しましたが、周りの人からは完全に学生には見られなかってでしょうwおっさん二人でタバコ吹かしながら語ってました。

そこで感じたのはどの団体、人が集まってできたものにはそこの文化というか伝統みたいなのがあって、その団体に関わった人の少なからずはその団体の存続を願うわけです。さらには発展を願うものなんだと。特に創業メンバーや創業期付近の人らは気持ちが強いと思います。
自分たちが創り上げたってのもあるかと思いますが、この自分たちが創り上げた、関わった文化、伝統というものを後の代に伝えていきたいと思うわけです。いや伝えなくてはいけないと。使命感みたいなやつです。いや、そこまでいくと一種の宗教かもしれません。いや宗教です。団体なんてどこも宗教やと思ってますから笑

なんか伝統とか文化とかいうと保守的な感じがして嫌な感じがしますが、それはそれで非常にすばらしいもんだと思うんですよ。
それはやっぱり自分がその団体に属していろいろ学んだから、その学びが活きてるからそう思うんでしょうね。

そんな思いにさせてくれたレセオに何か恩返しがしたい。現段階で自分ができることといったらわずかかもしれないけれども、何かしら貢献したいわけです。

目頭の奥が熱くなる思いです。

あ、脱線しますが最近感動した漫画。友達のブログから知り読んでみました。もちろん入手経路はAmazonから笑

「G戦場ヘヴンズドア」


これは読んだ方がいいです。まじで泣けます。


とまぁこんなことを言ってもまずは就職しなきゃ話にならないので。。。
ぶっちぎりで内定目指します!

インターネットは明らかに生活を変えます。

  1. 2009/03/17(火) 19:29:02|
  2. 日常|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2


ソース:第2世代のMicrosoft Surfaceは2-3年後に

テーブ型のPCが開発されてますね。
前のブログでも紹介したけど、これからはもっと感覚的に使えるものになっていくと思います。映画の世界で見られるようなやつ。

そうなってくるともうパソコンだけがインターネットのゲートではなくなり、どんなものともネットにつながる時代になるでしょう。リアルとバーチャルの垣根はますます低くなっていくと思います。

インターネットの出現により世界中の人とやりとりができるようになった。インフラ整備も万全とは言わないまでも、インターネットの出現によって間違いなくネットを利用する人が増えた。そうなると次はコンテンツやサービスが重要になってくる。

BuyMa
世界中・日本中の人がバイヤーになって商品を届けてくれるというサイト。先輩から教えてもらった会社がやってるってことで知りました。

コンテンツは重要だけども知ってないと利用できないし、そういう新しい情報には常に敏感でいたいです。個人的にはまだ利用したことないですが笑

今日は名古屋で面接あったけど、面接の時間より移動時間のが長いというなんとも切ない一日。そう思うとただでは帰れない僕なので帰りに本屋に寄ってめぼしい本を携帯にメモ。帰ったらアマゾンでおそらく買うであろう笑

ネットによって明らかに自分の買い物の仕方というのは変わりました(本に関してですが)

そう考えると改めてネットのすごさを感じます。
10年後とかどーなってんだろ。


cheers

  1. 2009/03/16(月) 01:51:29|
  2. 日常|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
が滋賀からわざわざ兄貴に会いに来てくれました。
飲んでます。
なんか兄弟で語りながら飲むのはいいもんすね。

以下話し合った内容
就職とは?
学問とは?
教養とは?
など話した。

と。
僕は今年の目標として年間100冊本を読むことを目標にしてるんですが、これ弟の本棚です。




300冊くらいあるそうです。
負けました笑

て読む本の量が問題ではないですが(知識だけの頭でっかちになるのはまずいと思うが)、生活費を切り詰めてまで本に投資する弟の姿勢というのはすごいと思う。見習うべきやと思います笑

年間100冊読むには月に8冊強ペース。
これからも本には投資していこうと決意しました。

これからも時間あったら兄弟で飲みたいすね。
兄弟やから。


cheers.

読書欲。

  1. 2009/03/13(金) 23:00:17|
  2. 日常|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
就活で二泊三日で大阪に行って思ったこと。

チャリ人口おお。
大阪の文化です。チャリンコ乗ってる人何人いるんでしょうか?
ふつーに気になります。

と大阪に滞在するにあたってなぜか本を1日一冊ペースで購入し読みました。
年間100冊の目標に励んでおります。

「ビジネスマンのための数字力養成講座」


ビジネスマンになるにあたって、商売するにあたって数字を読むことは重要だと思って購入。
ある程度の数字は覚えておくと便利だ。
でも数字から事象を読み取ることは難しいです。

「R25のつくりかた」


関東地方のM1層をターゲットにリクルートが発行しているフリーマガジンR25のつくり方。
東京に行ったときはR25必ず読んでます。だっておもしろいから。

企業の人にお勧めの本なんですか?て聞いたらこれいいよーて。
自分も前にちらっと見かけたから読んでみましたと。
雑誌のコンテンツもさることながらターゲティングというかマーケティングが成功の8割を占めてると感じた。

そして・・・本書を読めばなぜ木曜に配布させるかが分かります。
気になる人はどーぞ。


「学問のすすめ」


教育に携わろうと心がけたものとしてこの本を読んでいなかったことは恥ずべきものである。
教育者たるもの、いや教育者に関係なく読むべきだと思う。
学んだ学問を使って初めて学問は活きる。活かされない学問を学ぶようではいけない。
諭吉さんは読むべし笑


のぐち泊めてくれてありがとう。のぐちの彼女突然お邪魔してごめんなさい^^

前のページ 次のページ