容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

まんがで読破はけっこーおもろい。

  1. 2009/08/21(金) 18:50:38|
  2. 日常|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

まだまだ書きます。

ほとんど大学の生協で立ち読みで済ませてしまうんだけど、
名作文学の漫画作品。

なかなか読みにくい名作といわれる文学。
こういう風に漫画になって読みやすくなるっていいね。

「まんがで読破 続・資本論」


続じゃないほうはパラパラと立ち読みして、
続のが面白そうだったんで購入。立ち読みも疲れるからね。

僕らは資本主義社会に生きているわけで、でも主本主義って実際どーなのっていう思いがあって読んでみた一冊。
個人的には、まんがだけど、資本主義とは?がざっくりわかる内容になっていると感じる。専門用語も理解しやすいしね。
「余剰価値」と「銀行と信用」の箇所は読んでいて勉強になった。
余剰価値とか計算で出せるのかね。バイトで計算してみたいよね。

The World Is Flat フラット化する世界

  1. 2009/08/21(金) 14:45:15|
  2. 日常|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
さて、今日は読みます。
大分飛び飛びになってしまったけど、以前から読んでみたかった本です。やっと読み終わりました(つまみ読みだけど)

「The World Is Flat」フラット化する世界


ジャーナリストである筆者が独自に地道に調査したもので、デルのパソコン一つにとってもどこの国で作られ、どこの国の部品が使われているかが書かれている箇所なんかは、ジャーナリストの血を感じましたね。

世界をフラットにした要因にインターネットの登場が上げられることは間違いない。

facebookやスカイプで世界中の人と交流できたり、アメリカのサイトから買い物が出きたりという世界に住んでいることからも容易に想像できるだろう。

世界がフラットになるとどうなるのか。

これまで行われてきた仕事の劇的な変化
中国やインドへアウトソーシングがシフト
中国やインドの人々による先進国ミドルクラスの仕事の奪取
既存のヒエラルキー崩壊

などなど、読んでいて世界で起こっている現状が分かり非常におもしろかった。

形のあるもの(例えば冷蔵庫)を中国などの人件費の安い工場で生産、組み立てし輸出することは知っていた。
しかし、コールセンターなどをはじめ、形のないサービスがインドなどにアウトソーシングされている実態は興味深かく驚いた。他にも行政書士がやるような仕事も専用のソフトを作って、インドの人々が行えるようになっていることも。

いろいろな仕事があるが、それらの仕事はフラット化によりどのような影響を受けるのか、考えてみると面白いだろうと思う。


それにしても、今日の甲子園準々決勝花巻東vs明豊の試合は感動したね。10回表の花巻東野攻撃、2番の佐藤が送りバント時に、守備と交錯して意識なくなって担架で運ばれる。2アウト二塁で3番川村。一打逆転のチャンス。担架で運ばれた仲間の思いもあったろうけど、あそこで打てるのはバッターもってるね。おいしすぎ。

感動した!

「ほしのこえ」は漫画で読むべし。でも、僕は漫画ばかり読んでるわけでもない。

  1. 2009/08/21(金) 11:51:01|
  2. 日常|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
「ほしのこえ」


漫画読みますた。
漫画のほうが映像にはないシーンや描写が入っていて、ストーリーが深い気がする。てか深い。
映像見た人は漫画も読むことをおススメします。

最近、DVDか漫画しか読んでへんや〜んという意見を聞きますが、それ以外もちゃんと読んでます♪
ただ個人的には今は漫画、DVDの時期と決めておりますので笑


「右であれ左であれ、わが祖国日本」


国家を右か左でとらえない、3つのモデル「小日本」「大日本」「国際日本」を提示し、独自の国家論を述べています。それには、3つの敵(同時に味方でもある)「西欧」「中国」「ロシア」との歴史的関わりを踏まえ、今後日本が「短期」「中期」「長期」的にどのように取り組むべきかが、その具体案も述べられている。
国家をこのようにとらえることもできるのかと、新たな視点を提供された。読む価値のある本だと思う。


「食料自給率の「なぜ?」」


食料自給率とは?から始まり自給率低下の日本と世界への影響、世界の食料事情、日本の食料安全保障、そして自給率UPの策といった内容になっており、食料自給率について詳しく知らなくとも、さっくり読める本。ただ、個人的には、食料自給率向上派に対する反対意見が書いていなかったのが残念。
その辺に関してはホリエモンがブログに書いているので、読んでみるとおもしろい。

食料自給率のコメント面白い。


再びアニメネタになってしまうのだが、秒速のこのyoutube画像、最後の場面が本編とリンクしてしまうのに気づいた。
個人的にはこちらのエンディングの方が好きなんだなぁ。
(これは本編見てないとわかんない)

ほしのこえ the voice of a distant star

  1. 2009/08/19(水) 09:21:58|
  2. 日常|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

おざます。

観ますた。

「ほしのこえ」

「秒速5センチメートル」につづき





私たちは、
たぶん、
宇宙と地上にひきさかさかれる恋人の、
最初の世代だ。


作品は25分と短く、個人的にはもっと観たかった。
しかし、背景である自然の描写には何か見入ってしまうものがあるね。新海ワールド。

二人の距離が離れるにつれ、届くまでに途方もない時間が掛かる携帯メール。

そんな二人の姿を描くタッチがものすごく切ない。


今度は、「雲のむこう、約束の場所」を観よう。




さて、今日はイベント当日。
終わったら24season7見るお。

JCA2期生飲み会。結末は徒歩、時々ピルクル。

  1. 2009/08/17(月) 00:42:42|
  2. 日常|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
ただいま。
おかえり。


今日はJCA2期生の飲み会がありすた。
周りは社会人一年目が多く、仕事は甘くないという実体験に基づく話しが聞けて勉強になった。

PSSとかTTPとかは勉強になったね笑

一年目なんて、ほとんど右も左も分からない手探りの状態。

与えられたことをきっちり。
それをこなしてなんぼ。
言われたこともこなせんと、甘いことを言うなと。

そういったことも踏まえて、自分の価値を創造していきたいと強く思った。






「Tさん、それって・・・」

「いやいや、それは置いといてぇ」



「・・・なんですよねぇ」

「うん、うん」



夕日が綺麗だったので撮りますた。








まぁ、帰りはバスがなかったのでね。
歩いて帰りましたよ。
所要時間は1.5時間でしたがねw

虫の声や、草のにおい。
意外に楽しめましたが、バスがあったら確実に340円払うことを選びます。

ちなみに今回のお供にはお気に入りのピルクル。



おなかを大切にするあなたに♪

おいしいよ。

cheers.

前のページ 次のページ